2010年01月16日

「陸山会」土地疑惑で小沢氏元秘書の石川議員を再聴取(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部が小沢氏の元私設秘書で、当時会計事務担当だった石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=から任意で事情聴取したことが13日、関係者への取材で分かった。石川氏の聴取は昨年12月27日に続き2度目。特捜部は、土地代金の原資などについて改めて説明を求めたとみられる。

 関係者によると、陸山会は平成16年10月29日、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入した。石川氏は1回目の聴取で、その原資について「小沢先生に土地代金が足りないことを相談し、10月上旬に小沢先生から都内の事務所で複数の紙袋に入った現金4億円を受け取った。小沢先生のたんす預金だったと思う」と供述したとされる。

 しかし、石川氏は土地代金を支払う直前の同月28日までに、小沢氏から受け取ったとする「4億円」を一度に入金せず、陸山会の複数口座に数千万円ずつ分散させて入金した上で、一つの口座に集約させていた。

 特捜部は、土地代金に充てる4億円を分散して入金する明確な理由がないことや、石川氏が小沢氏から4億円を紙袋で受け取ったことを裏付ける証拠がないことなどから、石川氏が虚偽の説明をしている疑いがあるとみており、こうした不自然な点について改めて説明を求めたとみられる。

【関連記事】
献金割り振り表は「大久保被告が持参」
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員
小沢氏秘書 第2回公判 寄付ルート「毎年、大久保被告と打ち合わせた」 西松元総務部長が証言
小沢氏秘書、きょう第2回公判 西松の献金“取り仕切り役”が出廷
石川議員 立件額4億 強制捜査も検討 東京地検

外国人参政権法案、連立合意が必要 官房長官(産経新聞)
島根女子大生遺棄 靴発見現場で拉致か 脱げ落ちた可能性(毎日新聞)
陸自第1空挺団、降下始め!…防衛相も視察(読売新聞)
犠牲バイト店員「拳法で全国大会、優しい先輩」 居酒屋発砲3人殺害(産経新聞)
自民・小野前議員が離党へ(時事通信)
posted by yfo0ah2ofw at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

店長お手柄!カラーボール的中、コンビニ強盗未遂を逮捕(スポーツ報知)

 店長、ナイスコントロール! 兵庫県伊丹市で9日、コンビニで現金を奪おうとした男に対し、店長がカラーボールを投げて見事に命中させ、逮捕につなげるお手柄事件があった。店長は昨年12月に県警伊丹署がコンビニ強盗を想定して主催した防犯訓練に参加し、カラーボールの投げ方の指導を受けたばかりだった。

 県警伊丹署によると、カラーボールを自転車に当てられた末に逮捕されたのは、伊丹市の無職・中前泰也容疑者(45)。逮捕容疑は9日午前4時25分頃、市内のコンビニエンスストア「ファミリーマートJR伊丹駅前通店」に押し入り、現金を奪おうとした強盗未遂の疑い。

 犯行の際には、中前容疑者から文化包丁を突き付けられ、「金を出せ」と脅迫された同店の男性店長(40)だったが、現金を差し出すどころか「なんや!」と一喝した。買い物かごで反撃し、同容疑者を店内から撤退させた。

 さらに店長は、自転車で逃走を図ろうとする中前容疑者の背後から、防犯用のカラーボールを投げ付けた。放たれた1球は、狙い通り背中に命中したが、不運にも割れずに地面をコロコロ。万事休すかと思われたが、店長はあきらめずに2個目を連投。低めにコントロールされたボールは、見事に同容疑者の足と自転車の後輪部に直撃した。ボールの中からオレンジ色の蛍光塗料が流れ出し、塗布された。

 なおも中前容疑者が逃走を続けたため、店長は伊丹署に110番通報。捜査した伊丹署員は、コンビニ付近の路上に塗料が付着しているのを発見。ポタポタと路上に残った痕跡をたどると、約300メートル離れたアパートにオレンジ色の塗料が付いた自転車が止められているのを見つけた。そして、防犯番号によって所有者が割り出され、数時間後に中前容疑者は御用となった。

 店長は、わずか約3週間前の昨年12月17日、伊丹署が主催したコンビニ強盗対策の防犯訓練に参加。カラーボールの投げ方の講習を受けたばかりだった。ゴルフボールよりも大きく、硬式野球ボールより小さい同ボール。フワフワと軟らかく、扱いが難しいが、署員から教わった「危険じゃない程度に、できるだけ近づき、投げるべし」という鉄則を守ったことが、お手柄につながった。

 【関連記事】
カラーボール ファミリーマート 駅前通 を調べる

私の親、助産師です。
つとむのブログ
自己破産
ショッピング枠現金化
債務整理
posted by yfo0ah2ofw at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

韓国―九州・山口で密航急増…バイオ認証避け海路(読売新聞)

 韓国と九州・山口間を小型船で密航する事件が急増している。

 第7管区海上保安本部(北九州)は昨年7月以降、長崎県対馬沖などで4隻の密航船を発見、韓国人とイラン人の計17人を逮捕したほか、10人を韓国側に引き渡した。多くが「空港の入国審査が厳しくなったため」と供述しており、7管と入国管理局は、空港や港に導入されたバイオ(生体)認証を避け、玄界灘を船で渡る密航者が増えているとみて警戒を強めている。

 長崎県壱岐沖で昨年7月に発見された小型船の男女7人(入管難民法違反で有罪判決)は、福岡入管に対し、「空港は指紋照合で強制退去歴が発覚するため漁船に乗った」と供述した。全員に強制退去歴があり、再上陸禁止処分を受けていた。

 昨年9月、山口県の下関港から韓国人の女を不法出国させて逮捕された小型漁船の日本人船長(63)(同)は「5回の密航を手伝い、10人以上を出入国させた」と自供し、密航が横行していることをうかがわせた。

 入管当局によると、密入国はこれまで、空路で偽造旅券を使う手法が多かった。バイオ認証導入後も指紋を変造するケースが相次ぎ、玄界灘で小型船の密航が摘発されることもなかった。しかし昨年、指紋を読み取るスキャナーの精度が高められ、空港や港での入国審査が厳しくなった。これが小型船の密航増加につながったとみている。

 韓国南部から対馬までの距離は約50キロ、福岡・博多港まででも約150キロしかない。7管幹部は「九州北部と山口だけは小型船で往復できる。摘発されたのは氷山の一角で取り締まりを強化する必要がある」と話している。

 捜査当局が危機感をさらに強めるのは、7月の事件でイラン人の男2人が含まれていたことだ。バンコクでブローカーと接触した際、「強制退去歴があるなら空港は無理」と言われ、偽造旅券で韓国に入り、船に乗るよう手引きされていた。入管の捜査幹部は「玄界灘が世界各地からの密航ルートになる恐れがある」と警戒する。


 ◆バイオ認証◆ 全国の空港や港で外国人が入国する際、指紋と指名手配犯や強制退去処分者の指紋データベースを照合する制度。テロ対策として2007年11月に導入され、その後1年間で846人が入国を拒否された。米国では04年に導入された。韓国は導入していない。

g35f1rwsのブログ
スクラッチ
競馬サイト
債務整理無料相談
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
posted by yfo0ah2ofw at 02:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。